がん相談支援センター

トップ > 診療科・部門紹介 > がん相談支援センター

Cancer Support

がん相談支援センター

がん相談支援センターのご案内

地域のがん患者さんやご家族がかかえる「治療のこと」、「今後の療養や生活のこと」など、がんの医療に関わる様々な悩みや心配事を一緒に考え、情報を提供する「がん相談支援センター」を開設しました。ご自分だけで悩まずに、ぜひお気軽にご相談下さい。
伊万里有田共立病院にかかっておられる患者さん、そのご家族、地域の皆様からのご相談をお受けしております。

このようなときは、がん相談支援センターへご相談ください。

  • がんと診断されて不安。どこへ相談したらよいかわからない。
  • 自分のがんについて、どんな治療があるのか知りたい。
  • 入院や治療費が心配。
  • 医療・福祉サービスについて知りたい。
  • セカンドオピニオンを受けたいが、どうしたらよいかわからない。
  • 緩和ケアについて知りたい。
  • 家族が、がんになってどう接すればよいかわからない。
  • 相談日時

    月曜~金曜(休診日は除く)9時~16時

  • 相談方法

    来院による対面相談(原則予約制) 電話による相談(受付時間内)

  • 相談料

    無料

  • 相談対応者

    支援センター職員(看護師、医療ソーシャルワーカー)がまずお話を伺います。内容により、 関連の専門スタッフが対応致します。

    *専門スタッフ

    医師、看護師、緩和ケアチーム、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、理学療法士など。

  • 予約方法

    電話でご予約ください。

  • 電話

    0955-46-2121(代表)

    *はじめに「がんに関しての相談」であることをお伝えください。

院内がん登録とは

 院内がん登録とは、がん医療の提供を行う病院においてがん医療の状況を適確に把握するため、病院において診療が行われたがんの種類、病期、診療内容、予後等に関する詳細な情報を記録し保存および登録する仕組みです。自施設でのがん診療の実態の把握やがん医療の質の向上と、国におけるがん統計などの算出、がん医療の分析と評価、未来のがん対策の立案などに役立ちます。

院内がん登録の利用について

登録により収集した情報は以下の目的において利用しています。

  • 国立がん研究センター(全国集計)への提出 ※二次利用についての説明
  • 地域がん登録へのデータ提供
  • 全国がん登録へのデータ提供
  • 院内のがん患者の受療状況の把握
  • 院内がん患者の生存率の算出、予後調査
  • 研究、教育のための情報提供
  • 統計などの作成およびその二次利用

個人情報の取り扱いについて

登録された情報につきましては、国で定められている「がん登録等の推進に関する法律」、「個人情報保護法」、当院における「個人情報保護方針」を遵守しプライバシーや権利が侵害されることのないよう適正かつ厳重に管理しております。

地域がん診療病院とは

厚生労働省は、全国どこでも質の高い医療を提供できるよう、がん医療の均てん化を目指して「地域がん診療連携拠点病院」を指定しています。2次医療圏に地域がん診療連携拠点病院が無い地域には、都道府県の推薦を基に厚生労働大臣が指定する「地域がん診療病院」が設定されています。佐賀県西部地区には地域がん診療連携拠点病院がないため、当院は、「地域がん診療病院」指定を受けるべく準備中です。拠点病院との連携を更に強化し、専門的ながん医療の提供、相談支援や情報提供などの役割を担います。また、当院で対応困難な放射線照射療法やペインクリニック、希少がん、小児がん、AYA世代のがん患者への治療および支援(妊孕性温存療法を含む)、ゲノム医療等については、連携病院と診療内容について協議し、集学的治療を行います。

佐賀県におけるがん診療拠点病院は、下記の通りです。

都道府県がん診療連携拠点病院

  • 佐賀大学医学部付属病院

地域がん診療連携拠点病院

  • 佐賀県医療センター好生館
  • 唐津赤十字病院
  • 嬉野医療センター

緩和ケアチームとは

当院には緩和ケアチームがあります

がんになると、体や治療のことだけではなく、仕事のことや将来への不安などのつらさも経験すると言われています。
がんと診断を受けた時点から、落ち込み、痛み、息苦しさ、生活の悩み等を感じるときには、つらさを和らげる緩和ケアをいつからでも受けることができます。

緩和ケアチーム

当院には、医師、緩和ケア専従看護師、薬剤師、管理栄養士、医療ソーシャルワーカー、がん化学療法看護認定看護師等、様々な専門分野のスタッフが「緩和ケアチーム」として集まり、患者様とご家族をサポートします。

また、院内では、言語聴覚士、歯科衛生士からなる口腔ケアチームや各病棟看護師からなるリンクナース会と協力し、緩和ケアに取り組んでいます。

緩和ケアについてのお問合せはお近くのスタッフまでお声かけ頂くかがん相談支援センターへお立ち寄りください。

伊万里有田共立病院

がん相談支援センター

0955-46-2121(代表)

場所:正面玄関入り右側
フロアガイドはこちら

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンは、患者や家族が診断の説明を受け、今後の治療選択を考えるために別の医師の視点から見た意見や情報を求めることです。
セカンドオピニオンは、「セカンドオピニオン=担当医を交代する」ではありません。

セカンドオピニオンについてのお問合せはお近くのスタッフまでお声かけ頂くかがん相談支援センターへお立ち寄りください。

セカンドオピニオンの流れ

  • STEP 1現在の担当医の意見(ファーストオピニオン)をよく理解する
    自分自身の気持ちを整理しましょう。
  • STEP 2病院を決める
    セカンドオピニオンを受けることを決めたら現在の担当医に伝えましょう。
  • STEP 3受診の準備をする
    【相談したい病院が決まったら】
    ①病院へ連絡し、必要な手続きを確認しましょう。
    ②セカンドオピニオンは自費診療となりますので金額も確認しましょう。
    ③担当医に紹介状や検査データの準備をしてもらいましょう。
  • STEP 4セカンドオピニオンを聞く
    ・事前に聞きたいことを整理しておきましょう。ご家族や信頼できる人に同行してもらいましょう。
    ・お返事(報告書)をもとに担当医と、これからの治療方針について話し合いましょう。

伊万里有田共立病院

がん相談支援センター

0955-46-2121(代表)

場所:正面玄関入り右側
フロアガイドはこちら

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は、左の"Get Adobe Acrobat Reader"アイコンをクリックしてください。